• home >
  • 病院・体調

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーカット

我が家の猫ちゃん達、サマーカットデビューしました

暑さ対策というより、抜け毛対策(ハイハイする子がいるので)

おかげでカット後、我が家コロコロ使用頻度が劇的に減りました!!

↓絶壁あたま

DSC01393.jpg

↓お腹タポタポ

DSC01395.jpg

動物病院でのトリミングなのでシャンプー&カット&施術前後に獣医さんの健康チェック付きで7000
円と良心的なお値段(なつ子凶暴につき鎮静剤のプラス料金あり)

快適になれたおかげで毎日干物状態だったのが元気に遊ぶようになりました。

でもクーラーをつけるとちっと肌寒いのか、寄り添う場面も。

DSC01432.jpg

DSC01423.jpg


サマーカットには賛否両論あると思いますが、我が家はやって正解だったかな。

獣医さんも毛に隠れてて見つかり辛い小さな腫瘍が発見できたり病気の早期発見にもつながると言ってました。

あまり臆病でない子はチャレンジしてみるのもいいかもですね!

サマーカットレポおしまい

↓追記あり(父の日ベビマ)
スポンサーサイト

小さなヒーロー

なつ子さん、今日は年に一度の健康診断&ワクチン接種へ。

blog_import_5030cf4a35266.jpg

今まで一人で通っていた病院も今日は心強い連れがいます

blog_import_5030cf4b0858b.jpg

病院が嫌いではないフィーたん

blog_import_5030cf4bdb1d4.jpg

なつ子と一緒に診察台へ乗り、注射されている間ずっと大人しく見守っていました。

なつ子も見慣れたフィーが隣にいてくれてちょっとリラックスできていたっぽい。

先生にも「頼もしい付き添いですね!」と褒めてもらいました

blog_import_5030cf4d03c58.jpg

採血の結果は極めて良好な数値で安心しました

その後は疲れたのか、2匹仲良く秋の日差しに包まれてお昼寝していました

blog_import_5030cf4e69aee.jpg

普段のフィーはグレムリンのような性格ですが、

いざとなると本当にやさしく頼れる小さいヒーローなのです

ポコ病院へ行く

ポコにゃんの3種混合ワクチン&定期健診(血液検査・尿検査)をしに病院へ行ってきました。

4.8キロだった体重が、5.8キロになっていました。

どうりで最近重いと思ってたんだ・・・。

そして、血液検査の結果ですが、大きな問題は見つからなかったものの肝臓の数値が通常範囲内を高く超えていて要観察になりました。
(一時的な事も考えられるので半年後に再検査します

肝臓の数値が悪いと何が起きるのかというと肝不全などになり発見が遅くなると死んでしまうそうです。

何の病気に対してもそうですが、食欲が落ちたり、動かなくなったりするのがサインだそうなので毎日の観察と定期的な検診が飼い主の役目なのです。

赤ちゃんの頃から気になっていた開口呼吸の多さについてですが

ポコにゃは体格に対して肺が普通の子より小さい為に遊んだり・興奮したりするとすぐに息が上がってしまうのでしょうとの事。

あまり運動させるのは心臓に負担になるので矛盾するのですがポコにゃは代謝が悪く

摂取カロリーをエネルギーにかえるのがヘタクソな体らしいので

飼い主が上手に遊んであげてカロリー消費を促してあげないといけないそうです。

●ヘタレのポコにゃん。病院へ行くまでの道中で恒例のおもらし●

帰ってきて、おもらしした自分のキャリーバッグを嗅ぎ嗅ぎして、フレーメン(笑


我らモフモフ団!!

こんなおバカなポコにゃんが母ちゃんは大好きです。

世界一バカでもいい。

世界一長生きしていつまでもそのおバカを見せて欲しい。そう思うのです。

ただのタコ

昨日の話ですがなつ子朝一で病院へ駆け込みました。

なにが起きたかというと・・・・(文章長めです)

実は土曜日の昼にシャンプーをしたのですが

生乾きにしてたらゴワゴワの毛玉の集団が数十個単位で発生。

もしかしたらすすぎが足りなかったのかもと思い、日曜日の朝から再度シャンプー。

が余計に毛が絡みすごい事に・・・・。乾けば少しは改善されるかなーと思いつつ夜まで待ってみるものの、毛玉の中身が濡れてて更にギチギチのひどい状態に

2日間にわたるシャンプーと毛の絡みをほどこうとブラッシングに必死な母ちゃんにブチ切れ。

おまけにブラッシングしてて、なちゅの足の裏(かかとらへん)に小指のハラ位のピンク色のふくらんだ腫れを発見。


blog_import_5030cd39c307a.jpg

これはもしかしてもしかして「悪性の腫瘍」だったりしたらどうしようと母ちゃん更にテンぱる・・・・


猫友のhirohiroさん(→)にヘルプメールをしたところ、夜分遅くにも関わらず電話を下さって色々アドバイスをもらいました。

そして、昨日病院へ駆け込んだ次第でございまふ。

結果、心配していた「悪性の腫瘍」疑いはただの「座りダコ」みたいなもので
(念の為受けた細胞検査の結果異常無し)

ゴワゴワのギッチギチに絡みついていた毛は先生の手によってほどかれました。

「なつ子が死んじゃったらどうしよう」

「全身バリカンしないといけないかも・・・・」

なんてテンパってあたふたした自分が恥ずかしくなってしまいました

hirohiroさん、お騒がせしてしまいすみませんでした。

でも一人で不安になっていたので色々聞いてもらえて嬉しかったです。


追記あり↓

むぎゅっ!

●健康診断に行ってきました●

先日尿結晶が発見され、療法食へと切り替えたなちゅ嬢。

PHコントロール1を2キロ食べきったので、結晶が消えたか尿検査へ行ってきました。

尿はキレイになっていて、結晶は見られませんでした

これからは維持食をずっと続けていく方針です。

*ご報告おしまい*

●昨夜の出来事●

けっこうこの子、狭っこい箱がお好み。

ポコにゃんから身を隠すように、長い間詰まっていましたww

どうかジャイアン(ポコにゃんの事)に見つかりませんように・・・・・

blog_import_5030cb47940d3.jpg

ドキドキドキ・・・・・・

blog_import_5030cb4836c8b.jpg

●SHOP臨時休業のお知らせ●

2/25~3/7までの間、SHOPの方をお休みさせて頂きます

2/23までに入金確認できたお客様に関しては休み前に発送させて頂きます

よろしくお願い致します

いくつになったの

ひなっこ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。